アイラインの引き方

まつ毛のメイクをする女性

アイラインを引く場合、まぶたがピクピク動いてしまって、なかなか上手く引けないことがあります。
そんな場合は、口を開いて力を抜いた感じにしてみましょう。
こうすると、まぶたが動かないので、上手にアイラインを引くことができます。

また、目線は下にして、目尻を描く時は目頭の方を見て、目頭を描く時は目尻の方を見ると、上手く引けます。
アイライナーは、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように、少しずつ動かすのがコツ。

アイラインとアイシャドー

アイラインは、目頭は薄く、目尻は濃く引いて、目尻から1/3の辺りを一番濃くすると、パッチリ目に見えます。
太く描かずに、綿棒でぼかすように仕上げると、自然な感じの仕上がりに。

また、眉山の下に白パール系のアイシャドーを塗ると、さらにパッチリ目に見えます。
パウダー系のアイシャドーならブラシで軽く塗ったり、クリームタイプなら指に取って馴染ませるようにしましょう。

淡い色のアイシャドーをつける場合は、下地に白のファンデーションを使いましょう。
ファンデーションの上からアイシャドーを塗れば、色がきれいに出て、目元がくすみません。

色の選び方

暖色系(赤やピンクなど)のアイシャドーは、重たく見えるため、目が腫れぼったい時に使ってはいけません。
腫れぼったい場合は、黄色~ブラウン系の色を使うと、自然な感じに見せることができます。

また、寒色系(青やシルバーなど)のアイシャドーは、すっきりとした目元に見せることができます。
グレーなどの暗い色は、重い印象を与えるので、あまり使わない方が良いでしょう。

パッチリ目メイクにおすすめの化粧品!

↑で紹介している化粧品 「リバイタラッシュ」は、日本未発売ながらその効果に話題沸騰のまつ毛美容液。
「アットコスメ」や女性向け雑誌などで紹介され、多くの女性から支持されています。

使い方はとても簡単で、アイライナーのように、まつ毛の生え際に1日1回塗るだけ。

有名なだけにニセモノも出回っていますが、当サイトでは、正規品を業界最安値で購入できる通販サイトをご紹介しています。
ぜひチェックしてください!

このページの先頭へ